いつも心にファックサイン

メンヘラが強く生きるためのヒント

大人の保健体育【1】性的同意

Howdy!

今日は大人の保健体育の時間だよ🤗

学校では教えてくれないことを、螢ちゃんと一緒に学ぼうね🌟

 

日本の性教育は非常に遅れてるというか、教えるべき大切なことを全然教えてくれないと個人的には思っています。

男女別でそれぞれの身体の仕組みについて、片方のことしか教えなかったり…

自分の身体のことを知るのはとても大切なことだけれど、自分の身体とは全く異なるからこそ、異性の身体のことを知るのはとても大切だと思います。

 

今回は「性的同意」についてです。

これこそ学校では教えてくれませんね。

 

パートナーや親しくなった相手との性的なコミュニケーションを取る上で、同意というのはとても大切なことです。

同意を取らずに性的なことをするのは、突然相手の目ん玉にワサビを塗りつけるのと同じです😤

 

雰囲気が壊れるから、そんなこと聞くの恥ずかしいって言う人もいるかもしれません。

じゃあ、「今はワサビを塗りつける雰囲気だから、ワサビを塗った」って言ったらあなたは納得しますか?

納得する方はコメント欄で教えて下さい。

生のワサビとおろし金を持って貴方の前に現れます🙋‍♀️

そしてそういう雰囲気になった瞬間、目ん玉に向かっておろしたてのワサビを突っ込みますよ🤗

 

恋人同士であっても必ず毎回、相手の意志を聞きましょうね。

体調不良や気分の落ち込みなど、したくない日もお互いありますから…

 

ただ、勘違いしないで欲しいのは、断られたからといってあなたのことを嫌いだと言っている訳では無いですよ。

その行為を今回はやりたくないというだけで、それ以上でもそれ以下でもありません。

 

まあでも、嫌いならそれなりの態度を取ると思うので、もし嫌われてるなら、諦めましょう🙄

 

別にダイレクトに「セックスしよう!」って言わなくてもいいんです。

恥ずかしかったら「えっち」とか「せっせ」とか「セクロス」とか「挿入」とか、間接的に何をするかを明確に伝えられればいいんです。

そこで、相手が分からないようなら、ちゃんと分かる言葉で伝えてあげましょうね。

要は、男性器を女性器に入れるがいいか?ということが伝わればいいんです。

 

そして、相手が「YES」と言ったならやっちゃいましょう👉👌

ただし、ちゃんと避妊はしてくださいね。

お互い気をつけるんですよ。

2人で行う営みです。

片方に任せきりではいけません。

 

よく言う、つけたらイケないのは膣内射精障害です。

オナニーのやり方を見直してください。

強くシコりすぎです🙅‍♀️

あと、装着の際に違和感があるなら、それはサイズが合ってません。

サイズに合ったコンドームを買いましょう。

 

 

女の子の方も、ちゃんとつけたか目で確認しましょう。

コンドームをつけてあげる、というのもコミュニケーションになるので良いかもしれませんね。

それと、妊娠のリスクを減らしたい場合は低容量ピルをオススメします。

日本は認可が遅かった故にイメージの悪いピルですが、副作用も少なくホルモンバランスも安定するので飲むメリットの方が多いですよ。

ただ、性感染症を防げるのはコンドームだけなので、必ずコンドームの着用をしましょう。

 

避妊無しでの性行為も暴力です。

相手の妊娠のリスクや性感染症のリスクについてちゃんと考えてますか?

リスクは減らすに越したことありません。

 

とはいえ性的同意の問題は非常に難しいものです。

「YES」と言わなければいけないと相手に圧力をかたり、その場では「YES」と言ったはずなのに後で相手の気分が変わって行為が終わったあとにレイプ犯扱いされたり…

 

京都市の「ウィングス京都」という団体がとても参考になるハンドブックを作成しております。

もっと知りたいという方、是非読んでみてください。

発行物 | 京都市男女共同参画推進協会 | 京都市男女共同参画センター ウィングス京都

 

また、こちらも有名ですが、性的同意を紅茶に例えた動画もあります。

非常に分かりやすいのでご参考までに。

性行為の同意を紅茶に置き換えて下さい! - YouTube

 

 

取り上げて欲しいネタやリクエストがあればTwitterやブログコメントにて教えていただければ、喜んで記事にしますので、よろしくお願いします。

皆さんの感想も是非聞かせてください。

感想一つ一つが励みになります。

マウンティングに打ち勝つ💪

どうも。金欠で死にそうな螢です。

いかにコスパよく栄養バランスの偏らない栄養を摂るかだけを考えて生活してます。

 

さて、今回はTwitterで見つけた面白い記事の紹介です。

前に私が書いた記事と似たようなことも書いてありました。

ユーモラスな文体でとても気に入ったのでシェアします。

 

 

マウンティングする人 #女子を困らせる人|「マイナビウーマン」

 

 

この記事で紹介されている事柄は、マウンティング女子だけでなく自分の人間関係自体がより良くなる方法ばかりだなと私は感じました。

 

もし気に入った方は、私と一緒にどんどん実行して行きましょう☺️

楽したい!楽しく行きたい!

ハロー!バイトをよく遅刻してしまう螢ちゃんです。

今日も寝坊してしまい遅刻しました。アヘアヘ🤪

遅刻すると他の人が困っちゃうからね。

怒られてしまうのも当たり前です。

でも怒られるとつらいの。

こっちも申し訳ないと思ってるから。

 

死にてぇ〜〜〜〜。

 

と思いましたが、この感情は死にたいというより辛い場面から「逃げたい」ということの方に近い。

 

うつの時は何も無いのに、理由もなく死にたさが凄かったので、うつ病とはまた違った死にたさ。

理由があっての死にたい気持ちは、生きていれば誰だって経験あると思います。

だって生きるのって苦しいんだもん。

 

人生楽しいことばっかりならいいよね。

みんながみんな幸せになって平和な世界になればいいよね。

 

でも、「楽しい、心地よい」という気持ちだけ感じて生きることって出来ません。

そもそもお腹が空いたり眠くなったり、原始的な欲求が満たされないと不快を感じるように出来てますから。

赤ちゃんですらお腹が空いて苦痛を感じて泣くのに。

 

だから、みんな自分なりに苦しみへの対処法を探していくんです。

人によってそれは色々です。

中にはそれが他人を攻撃したり、他人に苦を押し付けることによって逃れる人もいますが。

個人的にはそれはちょっといかがなものかと思いますけどね。

でも、他人のことですから私に口を出す権利はありませんしね。

 

みんな苦しいんだからお前も同じだ!苦しめ!

ってことじゃないですよ。

楽をしたいって気持ちは悪いことではありません。

日本は苦痛を良しとする傾向にありますけど、昔の人達の楽をしたいという気持ちによって我々の生活は様々な発明品によって快適になっています。

 

生き辛さ、苦しさ、悲しみ、それは生きている上で仕方ないことなんです。

死ぬことによって逃げるというのも選択肢の1つではあると思いますが、それぞれが上手く付き合っていく方法を見つけられればなと思います。

共依存してるあなたへ

お久しぶりです。

GWはダラダラ過ごして気付いたらもうこんなに過ぎてました。

毎日学校に通うことに一生懸命です。

 

今回はふと思い出したことを皆さんにシェアしたいなと。

 

東日本大震災について触れますので、苦手な方はご注意ください⚠️

 

 

共依存について考えていた時にふと、被災したある中学生の女の子のスピーチを思い出しました。

 

その女の子は家にいたところを津波で流されたそうです。

運良くその子は瓦礫の上に流れ着いたようですが、お母さんはその瓦礫の下敷きに。

足に怪我をし、重い瓦礫の下敷きになったお母さんを助けようとしたものの、女の子の力だけでは無理だったそうです。

お母さんは「行かないで」と言っていますが、逃げなければ津波で流されてしまう。

女の子はお母さんに別れを告げて近くの小学校まで泳いで逃げたそうです。

 

私はそのスピーチがとても印象に残っています。

その場に居なかった私には想像も出来ない遥か上のような出来事が、あの地震によって起こっていたということを知りました。

同時に、生きるってこういうことなんだろうなとも思いました。

 

この女子中学生の判断について是非を問うつもりはありません。

ただ、「その場にいたら死んでいた」のは事実です。

お母さんが見捨てられずにその場に残るという選択肢もあったと思います。

 

人の生死についてどちらが良いかは私には分かりません。

 

ただ何が言いたいのかというと、どんなに大切な人でも自分が「生きる」という選択をする限り見捨てなければならないということです。

見捨てるのは酷いことだと思うかもしれませんが、時には必要なこともあります。

 

どんなに仲が良くても、どんなに相手のことが好きでも、人と人はそれぞれ別の存在です。

相手が怪我をして痛いと思っても、その痛みは自分にはどんなに頑張っても代わったりすることは出来ないですよね。

 

助けることは出来ますが、助けられないものもあります。

助けようとしているうちに二人とも助からないようなこともあります。

 

共依存する人はその線引きが出来ていないのかなと、過去の自分も振り返りそう思いました。

メンヘラキッズにおすすめの本

なんとか無事に学校に通えています。

タバコのあとの口の中のヤニ臭さが気になる今日この頃。

 

去年のうつ病絶不調の時期にメンタルヘルス系の自己啓発本を何冊か読んでました。

ためになったものもあれば、クソだなってのもあれば色々でしたね。

自己啓発本の中でも、スピリチュアル系のものは私とは合わないなと感じました。

宇宙がどうたら、エネルギーがどうたらと言われてもゴリゴリの理系マンなのでイマイチ信じ難い気がして…

 

そんな中で、いいなって思った本があったのでご紹介したいと思いました。

 

心が軽くなるイラスト&メッセージ  「私は自分が好き」と言うことから始めよう

心が軽くなるイラスト&メッセージ 「私は自分が好き」と言うことから始めよう

 

 

こちらの本です。

自己肯定感低めのメンヘラキッズのみんなは読んでみるといいと思います。

一応言いますが、ステマとかではないので安心してくださいね。

ここのリンクから本を買っても螢には一銭も入りません。

そういうののやり方分からないので。

 

しかし、自己啓発本系は読んでそのまま1から10まで鵜呑みにして実行することはお勧めしません。

私のオススメする自己啓発本の読み方としては、気に入った方法だけ取り入れるという読み方です。

人には相性があるので、本の通りにやったとしても必ず上手くいくものではありません。

意識高い系たちが自己啓発本大好きなのは、受動的にそれらを受け入れてエリートになった気になれるからです。

マジのエリートは自分で考えて行動します。

本を読んだとしてもそれが自分にとって本当に必要かどうかを吟味します。

 

実行したら誰でも必ず○○になるなんて魔法のようなものはありません。

(お金持ちだとか幸せだとかモテモテだとか)

自己啓発本はあたかもそのように書いてありますけど、それは著者にとってその行動が良かったというだけです。

 

参考程度に選択肢を増やす方法としては最適ですので、軽い気持ちでなんとなく読んでみて気に入った方法があったら自分の生活や考え方に取り入れてみてください。

 

また、皆さんが読んだ本の中でおすすめの本があれば是非教えてくださいね。

五月病に負けるな

お久しぶりです。

GWは彼氏の家で面倒見てもらってました。

ゆっくり過ごして4月のストレスは取れたので5月も頑張りたいと思っております。

 

今年のGWは10連休でしたが、個人的には全てを月曜に分散して3連休をたくさん作って貰った方が嬉しいなとは思います。

 

さて、平日に戻るにあたって注意したいのが五月病ですね。

長い休みから再び仕事や学校に戻るのはなかなか辛いものがあります。

しかし、五月病というのは俗称でして実際にはそんな病気はありません。

まあ、医学的な分類で言うなら適応障害あたりが近いのでしょうか。

慣れない環境に身を置くとどうしてもストレスがかかり、体調を崩しやすくなってしまいます。

ペットショップから家に連れてきた時のわんちゃんやネコチャン、金魚ちゃんたちなんかもそうですよね。

金魚ちゃんは特に弱いので新しい水へ慎重に慣らさないと死んでしまいます。

 

私はストレスをかけないようにというのも無理なことですので、仕事や学校に復帰しつつ意識的にストレスを軽減させるよう心掛けます。

 

ストレスを軽減することはいくつかありますが、ここで簡単にご紹介しますので気になるものがあったら皆さんも是非お試しください。

 

・ぬるめのお風呂に浸かる

身体をリラックス状態にするには副交感神経を優位にすると良いですね。

ぬるめのお風呂(38~40℃くらい)にゆっくり浸かって身体を温めると副交感神経が優位になるそうです。

副交感神経優位だと、身体がお休みモードになるので自然と休めるようになりますよ。

逆に熱いお風呂に入ってしまうと交感神経が優位になってしまうので、身体が元気モードになってしまいます。

気分は活発になるのですが、目が冴えてしまったり身体が緊張してしまうので身体を休めたい場合にはぬるめのお風呂がいいかと思います。

 

・深呼吸をする

これは1番お手軽ですね。

身体をお休みモードにするには呼吸を深くゆっくりにすると良いです。

7秒で吸い、4秒止め、8秒で吐くというのを繰り返すと眠れない時にも良いそうです。

腹式呼吸がいいとの情報もありますので、是非お腹が膨らんだり縮んだりするのを意識してみてください。

 

・運動をする

運動は意外にもストレス発散に効果的だそうです。

肉体は疲れますが、その分、心の疲れは取れるみたいです。

ダイエットや体型維持にもなるので簡単なものを始めてみてはいかがでしょう。

 

他にもストレス解消法は人によって様々なので、自分なりに探してみるのも良いですね。

見えない傷

学校が始まり、毎日帰ると気絶するように寝落ちては早朝に起きる生活をしています。

化粧も落とさないままのこともあり、顔面が心配です。

なかなか病気とのバランスもあり日々KATーTUNのようにギリギリを生きてます。

ブログの更新ペースはスローになりますが、暇な時間を見つけてコツコツ続けていきたいと思うのでよろしくお願いします。

継続は力なり。

 

さて、日々寝落ちしていく中で睡眠環境が悪いせいか嫌な夢をよく見てしまいます。

私の体感ですが、眠りが浅いときほど嫌な夢を見ることが多いですね。

そんな中、最近夢のせいでDV男のことがフラッシュバックしてしまい、なかなかストレス負荷がかかっています。

今まさにその状態です。

 

ですが、他人を精神安定剤にしてはいけません。

自分でコントロールをします。

精神安定剤にされた人も迷惑ですし、その人によって振り回される人生もなかなか辛いものがありますので。

 

おそらく、私の中でDV事件はトラウマとなっています。

本人的にはそこまでじゃないと思ってはいたのですが、明日で事件から約1年ほど経ちますが度々思い出してはストレス源となっているのでやはり心の傷となってまだ残っているのだなと思いました。

 

人によって怖いと思うことは様々です。

どんなことが原因となりうるかは分かりません。

原因を忘れてしまって思い出せないこともあるそうです。

私のように感情がヤドンな人は後から気付く場合もあります。

(私は自分が嫌だと思ったり辛いと思うことがその場で分からないことがよくあります。)

 

心療内科うつ病などの脳の病気のお薬はくれますが、心につけるお薬はありません。

残念ながら自然治癒しか無いのです…

 

しかし、回復する方法や少しでも癒す方法はあります。

私は自力で回復に向けて取り組んでみることにしました。

 

参考までにPTSDについての厚労省のページをリンクしておきますので、興味のある方は目を通してみてください。

PTSD|こころの病気を詳しく知ろう|みんなのメンタルヘルス総合サイト