いつも心にファックサイン

メンヘラが強く生きるためのヒント

ふかぶち(何故か変換できない)を覗く時、ふかぶちも…

嘘です。

ちゃんと読めるので本当は変換できますよ。

深淵(しんえん)ですね。

ニーチェの言葉です。

 

名前は皆さんもよく聞いたことあると思います。

19世紀の哲学者です。

簡単に説明しますと、19世紀に人々の常識に深く根付いていたキリスト教の考えに対して疑問を抱き、彼なりにキリスト教ベースの思想に対して反論を強く訴えていた人です。

19世紀にはダーウィン種の起源によって進化論が発表され、今まで神が創造した人間という考え方に対して世間に大きな衝撃を与えました。

まあ、詳しく説明していくと本題から逸れていくのでニーチェを深く知りたい方は、適当なサイトを何件か読めばだいたいわかると思います。

 

まあ、そんなニーチェによる言葉

「深淵を覗く時、深淵もまたこちらを覗いているのだ」

難しい言葉ですね。

深淵ってなんやねんって感じです。

深淵とは深い穴の底、奈落の底という意味です。

 

では、この深い穴とはなんなのか。

 

このフレーズだけ独り歩きしている感じですが、このフレーズの前にはこう記されています。

「怪物と戦う者は、その過程で自分自身も怪物になることのないように気をつけなくてはならない」

 

怪物…

 

ニーチェは日々哲学というものに向き合い、己と戦っていました。

最終的にはニーチェ自身、狂気に飲まれて怪物と化してしまいましたが…

 

何が言いたいのかというと、考えすぎると良くないぜってこと。

何事も程々にしておくのが1番です。

 

それと、他人の心の深くまで覗こうとするのもおすすめしません。

心の闇は伝染します。

 

メンヘラに構いすぎると自分自身もメンヘラになります。

まあ、世のメンヘラ治しおじさんたちは、自分に自信が無いから、それを弱い存在であるメンヘラを周りに置いて自信を得ている小者なんですけどね。

選挙について

どうも。

テストで忙しい螢ちゃんです。

 

7月21日は選挙日でしたね。

私も選挙に行ってきて投票証明もらってTENGAの企画におうぼしたかったのですが、不在者投票のため、投票証明が貰えませんでした😭

 

さて、ガチの奴隷を目指してるみなさん、もちろん選挙なんて行きませんでしたよね?

あなた達は人権を自ら否定してる立場なのですから。

当然選挙権なんてものも無いんですよ。

それが嫌なら、奴隷とか軽々しく言わずに人間として自立した生活を送ってください。

 

それ以外のマゾやメンヘラキッズやその他もろもろの皆さんはちゃんと選挙に行きましたか?

無料で高級紙に触れるチャンスですよ。

投票用紙は石油から作られているプラスチックのような特殊な紙です。

くちゃくちゃに折り曲げても、開票時に見やすくなるように広がるように出来ています。

しかもツルツルなのに鉛筆がしっかり書ける。

投票所でくちゃくちゃに折って試してみると楽しいですよ。

しかも無料です。

 

事前に各政党の公約を見て、自分に合うと思った政党の名前を書くだけの簡単なお仕事です。

開票時のワクワク感も楽しめます。

 

レアイベントですよ。

そんな簡単な理由でもいいので、一度選挙に行ってみてください。

思ったより楽しいですよ。

本当のSM

お久しぶりです。

メンヘラキッズのみんなは元気だった??

螢ちゃんは割と元気だよ🙆‍♀️

梅雨だから日照時間が短くてメンヘラキッズ達には辛い時期だよね😔🌧

晴れてる時は積極的に太陽に当たろう!

 

さて、今回は本当のSMとはなんぞやってちょっと考えてみたいと思いました。

むかしむかし、螢ちゃんがもぎたてフレッシュだった頃、マウンティングいかれおじさんに本当のSMがどうのこうのと頼んでもいない教えを説かれたことがありました。

そいつの言ってる本当のSMは要は過激な痛いことをすることだったんですが、まあ、プレイの困難さを基準にする人も沢山いますよね。

でもそれって、だんだんエスカレートしていって、どんなプレイにも慣れてしまった強靭な身体の悲しきマゾが作り出されるだけなのでは…?

 

マウンティングイキリおじさんには私のやってることを「SMごっこ」と言ってました。

そもそもSMという行為じたいがロールプレイング、いわゆるごっこ遊びだと私は思います。

主従だ奴隷だご主人様だなんて言っても、それは自分たちが決めた役職になりきってるにすぎないのではないでしょうか。

他の人のSMプレイを見る機会というものはあまり無いですが、S側が精神的、肉体的に責め、M側がそれを受ける、そういったもんですよね。

 

そもそも奴隷というのは、紀元前の遥か昔から世界中に存在する役職です。

みんなが言うように、人でありながら人の所有物となる役職です。

主にきつい労働搾取や戦争捕虜などにされている役職ですね。

自由などありません。所有物ですから。

生活全てが所有者に掌握された状態となります。

 

そのような奴隷というのは、現代の日本の社会制度ではなかなか厳しいと思います。

 

まあでも、実際そういった生活になっている人もいるにはいます。

労働搾取は現代日本でも出来ますし。

よく聞くケースだと、夜の仕事などで労働し金銭を所有者に渡すというケースですね。

別に現代の日本ではピラミッド建設や鉱山で採掘なんて一次労働をしなくても、三次労働による金銭搾取が1番所有者の利益になりますからね。

古代から脈々と受け継いだ奴隷制に乗っ取った主従ですよ。

本当の主従にふさわしいと言えましょう。

反抗したら暴力や暴言で制圧すればいいのです。

それが許される世界ですもんね。

 

なんて。

 

 まあ、最近多いというか耳にしますよね。

金銭搾取をするSM。

奴隷というならそれが正しいと思いますし、本人達も(洗脳されてるとはいえ)好きでやってるんで第三者があれこれ言うものではないです。

 

洗脳や搾取、DVが本当のSMならば、私は一生SMごっこの偽物のSMをしてますね。

 

本物のSMに出会った皆さん、おめでとうございます。

いつまで続くかは誰にも分かりませんが、本物の奴隷として頑張ってくださいね😊

 

追記

私も家事労働をしてくれる奴隷が欲しいです。

テスト勉強で洗濯物を干し忘れていました。

意外と見落としがちなハラスメント

皆さん、最近ハラスメントという言葉がよく使われますね。

なんでもかんでもハラスメントだ、と揚げ足をとるのは良くないとか言い出す輩もおりますが、不快に思うということは、やはり相手の人権を侵害していると私は思います。

個人的な意見ですが。

 

まあ、今回は日常で受けやすい「モラルハラスメント」についてちょっと触れたいなぁとおもいます。

モラハラ」とよく言われているやつですね。

 

まあ、モラルをハラスメントするってことです。

まず、モラルとはなんだいなというと、「倫理や道徳」といった意味です。

ハラスメントはみなさんご存知の通り、「嫌がらせ」という意味です。

 

倫理的、道徳的な嫌がらせ…一体どういうこっちゃって思うと思います。

もうすこし詳しく説明して行きましょう。

 

具体的に言えば

・直接身体的暴力を使わずに、言葉による暴力

・なんでも人のせいにする

・常に否定的なことを言われる

・自分を常に正当化しようとする

・急に優しくしてくる

・自分の間違いを認めない(故に話が噛み合わない)

・恩着せがましい

・上の者には従い、弱そうな人はとことん傷つける

 

などなど…

要は自分勝手のこまったさんですね。

モラハラは、身体の暴力ではないために自分も周りも気が付きにくいものです。

特に、被害者は自分が悪いと思い込むように仕組まれるために気付きにくくなってしまいます。

感情的な恐怖によって人を支配するのがモラハラです。

よくいるんですよね。

自己愛が強すぎるのでしょうか。

はたまた自分に自信が無いから立場の弱そうな人間の価値を下げて自分の自信に繋げるのでしょうか。

 

こういったモラハラをする人間は最初は優しいようです。

しかし、親しくなっていく段階で段々と本性を表していきます。

 

あと、基本自分が正しいと思い込んでるので人の話を聞きません。

あいつはおかしくなっている、ガキだから、悪者だからなど自分の中で勝手に根拠の無い理由を付けて正当化します。

 

メンヘラ治しおじさんたちもモラハラ傾向があると思います。

彼らはメンヘラと認定した人物を自分より格下として扱い、自分の価値観を押し付けてきます。

それと違った意見は認めません。

精神的な暴力を受けて、反抗したとしても「あいつは精神的に病んでいるから」などと聞く耳を持ちませんからね。

 

この記事を読んで、少しでも「あれ?」っと思った方は、その小さな疑問を大切にしてください。

そして、身近な人へぜひその疑問を打ち明けてみてください。

あなたの世界はモラハラ人間のためのものではありません。

あなたを傷つける存在はあなたの人生において必要の無いものです。

とっとと切り捨てちゃいましょう。

もし、相談する相手がいなければ、私に相談して下さっても全然構いません。

 

モラルハラスメントの怖いところは、加害者の意見しか与えられない環境に置かれることです。

あなたが全面的に悪いなんてことは絶対にありません。

色々な人の意見を聞き、それぞれの意見を自分の中で考えた上で、自分が生きやすくなれる道を選ぶことが出来ることが大切だと思います。

 

 

モラハラ(モラルハラスメント)の意味と被害に遭った場合の具体的な7つの対処法

大人の保健体育【1】性的同意

Howdy!

今日は大人の保健体育の時間だよ🤗

学校では教えてくれないことを、螢ちゃんと一緒に学ぼうね🌟

 

日本の性教育は非常に遅れてるというか、教えるべき大切なことを全然教えてくれないと個人的には思っています。

男女別でそれぞれの身体の仕組みについて、片方のことしか教えなかったり…

自分の身体のことを知るのはとても大切なことだけれど、自分の身体とは全く異なるからこそ、異性の身体のことを知るのはとても大切だと思います。

 

今回は「性的同意」についてです。

これこそ学校では教えてくれませんね。

 

パートナーや親しくなった相手との性的なコミュニケーションを取る上で、同意というのはとても大切なことです。

同意を取らずに性的なことをするのは、突然相手の目ん玉にワサビを塗りつけるのと同じです😤

 

雰囲気が壊れるから、そんなこと聞くの恥ずかしいって言う人もいるかもしれません。

じゃあ、「今はワサビを塗りつける雰囲気だから、ワサビを塗った」って言ったらあなたは納得しますか?

納得する方はコメント欄で教えて下さい。

生のワサビとおろし金を持って貴方の前に現れます🙋‍♀️

そしてそういう雰囲気になった瞬間、目ん玉に向かっておろしたてのワサビを突っ込みますよ🤗

 

恋人同士であっても必ず毎回、相手の意志を聞きましょうね。

体調不良や気分の落ち込みなど、したくない日もお互いありますから…

 

ただ、勘違いしないで欲しいのは、断られたからといってあなたのことを嫌いだと言っている訳では無いですよ。

その行為を今回はやりたくないというだけで、それ以上でもそれ以下でもありません。

 

まあでも、嫌いならそれなりの態度を取ると思うので、もし嫌われてるなら、諦めましょう🙄

 

別にダイレクトに「セックスしよう!」って言わなくてもいいんです。

恥ずかしかったら「えっち」とか「せっせ」とか「セクロス」とか「挿入」とか、間接的に何をするかを明確に伝えられればいいんです。

そこで、相手が分からないようなら、ちゃんと分かる言葉で伝えてあげましょうね。

要は、男性器を女性器に入れるがいいか?ということが伝わればいいんです。

 

そして、相手が「YES」と言ったならやっちゃいましょう👉👌

ただし、ちゃんと避妊はしてくださいね。

お互い気をつけるんですよ。

2人で行う営みです。

片方に任せきりではいけません。

 

よく言う、つけたらイケないのは膣内射精障害です。

オナニーのやり方を見直してください。

強くシコりすぎです🙅‍♀️

あと、装着の際に違和感があるなら、それはサイズが合ってません。

サイズに合ったコンドームを買いましょう。

 

 

女の子の方も、ちゃんとつけたか目で確認しましょう。

コンドームをつけてあげる、というのもコミュニケーションになるので良いかもしれませんね。

それと、妊娠のリスクを減らしたい場合は低容量ピルをオススメします。

日本は認可が遅かった故にイメージの悪いピルですが、副作用も少なくホルモンバランスも安定するので飲むメリットの方が多いですよ。

ただ、性感染症を防げるのはコンドームだけなので、必ずコンドームの着用をしましょう。

 

避妊無しでの性行為も暴力です。

相手の妊娠のリスクや性感染症のリスクについてちゃんと考えてますか?

リスクは減らすに越したことありません。

 

とはいえ性的同意の問題は非常に難しいものです。

「YES」と言わなければいけないと相手に圧力をかたり、その場では「YES」と言ったはずなのに後で相手の気分が変わって行為が終わったあとにレイプ犯扱いされたり…

 

京都市の「ウィングス京都」という団体がとても参考になるハンドブックを作成しております。

もっと知りたいという方、是非読んでみてください。

発行物 | 京都市男女共同参画推進協会 | 京都市男女共同参画センター ウィングス京都

 

また、こちらも有名ですが、性的同意を紅茶に例えた動画もあります。

非常に分かりやすいのでご参考までに。

性行為の同意を紅茶に置き換えて下さい! - YouTube

 

 

取り上げて欲しいネタやリクエストがあればTwitterやブログコメントにて教えていただければ、喜んで記事にしますので、よろしくお願いします。

皆さんの感想も是非聞かせてください。

感想一つ一つが励みになります。

マウンティングに打ち勝つ💪

どうも。金欠で死にそうな螢です。

いかにコスパよく栄養バランスの偏らない栄養を摂るかだけを考えて生活してます。

 

さて、今回はTwitterで見つけた面白い記事の紹介です。

前に私が書いた記事と似たようなことも書いてありました。

ユーモラスな文体でとても気に入ったのでシェアします。

 

 

マウンティングする人 #女子を困らせる人|「マイナビウーマン」

 

 

この記事で紹介されている事柄は、マウンティング女子だけでなく自分の人間関係自体がより良くなる方法ばかりだなと私は感じました。

 

もし気に入った方は、私と一緒にどんどん実行して行きましょう☺️

楽したい!楽しく行きたい!

ハロー!バイトをよく遅刻してしまう螢ちゃんです。

今日も寝坊してしまい遅刻しました。アヘアヘ🤪

遅刻すると他の人が困っちゃうからね。

怒られてしまうのも当たり前です。

でも怒られるとつらいの。

こっちも申し訳ないと思ってるから。

 

死にてぇ〜〜〜〜。

 

と思いましたが、この感情は死にたいというより辛い場面から「逃げたい」ということの方に近い。

 

うつの時は何も無いのに、理由もなく死にたさが凄かったので、うつ病とはまた違った死にたさ。

理由があっての死にたい気持ちは、生きていれば誰だって経験あると思います。

だって生きるのって苦しいんだもん。

 

人生楽しいことばっかりならいいよね。

みんながみんな幸せになって平和な世界になればいいよね。

 

でも、「楽しい、心地よい」という気持ちだけ感じて生きることって出来ません。

そもそもお腹が空いたり眠くなったり、原始的な欲求が満たされないと不快を感じるように出来てますから。

赤ちゃんですらお腹が空いて苦痛を感じて泣くのに。

 

だから、みんな自分なりに苦しみへの対処法を探していくんです。

人によってそれは色々です。

中にはそれが他人を攻撃したり、他人に苦を押し付けることによって逃れる人もいますが。

個人的にはそれはちょっといかがなものかと思いますけどね。

でも、他人のことですから私に口を出す権利はありませんしね。

 

みんな苦しいんだからお前も同じだ!苦しめ!

ってことじゃないですよ。

楽をしたいって気持ちは悪いことではありません。

日本は苦痛を良しとする傾向にありますけど、昔の人達の楽をしたいという気持ちによって我々の生活は様々な発明品によって快適になっています。

 

生き辛さ、苦しさ、悲しみ、それは生きている上で仕方ないことなんです。

死ぬことによって逃げるというのも選択肢の1つではあると思いますが、それぞれが上手く付き合っていく方法を見つけられればなと思います。